サイト内共通メニューここまで

ここから本文

平成30年度在宅医療・介護連携シンポジウム

更新日:2021年5月27日

「この町でどんな最期を迎えますか」

pdf シンポジウムポスター (pdf 371.5KB)

この町で、人生の最期を迎える時に、自分はどうするのか?医療や介護のサービスにどのようなものがあり、どの様に利用していくのか、そんなことを考える場としてシンポジウムを開催いたしました。
シンポジウムでは、駒木クリニックの駒木裕之医師に、御自身の訪問診療の経験を踏まえながら、コーディネータとしてパネリストの意見や経験を引き出して頂きました。5名のパネリストの方々からは、介護施設での看取り、御自宅でご家族を看取った方の経験や、介護支援専門員・訪問介護・訪問看護の役割を説明して頂きました。
シンポジウムの開催される前後の時間には福祉用具の展示・おむつ交換の実演を行いました。参加者からは、「初めての参加でしたが、体験談を聞きながら涙がでました」「看取りを真剣に考えさせられる機会となりました」「子育て中で現在まで子育て支援をして来ましたが、これからを考えると、介護へと視線を向ける時だと感じさせて頂きました」など多くの感想も寄せられ、充実した内容で幕を閉じることが出来ました。

シンポジウム・この町でどんな最期を迎えますか

シンポジウム駒木院長の画像
シンポジウムパネラーの画像

福祉用具の展示

画像

オムツ交換の実演

画像

開催日時

平成30年(2018年)8月25日(土)13時00分から16時00分まで

開催場所

新ひだか町公民館 大会議室

プログラム

  • 13時20分から13時50分
    福祉用具の展示・オムツ交換の実演
  • 14時00分から15時00分
    シンポジウム「この町でどんな最期をむかえますか」
  • 15時00分から15時30分
    福祉用具の展示・オムツ交換の実演
    各パネリストの相談コーナー

参加者数

55名
Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

町立病院 地域連携室
電話:0146-42-0181(内線132)

サブメニューここまで

フッターメニューここまで