ここからメインメニュー

  • プロフィール
  • 住まい
  • 仕事
  • ちょっと暮らし
  • アクセス
  • お問い合わせ

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

海産物

春の味覚「ウニ」

例年、2月から5月にかけて漁が行われ、年間約50トンの水揚げがあります。このあたりで採れるのは、キタムラサキウニとエゾバフンウニです。前者は、剥き身がやや白っぽい色をしていて、味も旨みが淡く、あっさりしているのに対し、後者は、剥き身が濃いオレンジ色をしていて、味も旨みが濃厚で甘く、後味が強いです。
春の味覚「ウニ」画像

夏の味覚「イカ」

例年、8月から12月にかけて漁が行われ、年間約890トンの水揚げがあります。このあたりで獲れるのは、スルメイカです。地場ならではの新鮮さが楽しめます。
夏の味覚「イカ」画像

秋の味覚「サケ」

例年、9月から10月にかけて漁が行われ、年間約2,460トンの水揚げがあります。北海道を代表する郷土料理「ちゃんちゃん焼き」は絶品です。
秋の味覚「サケ」画像

秋の味覚「シシャモ」

例年、10月から11月にかけて漁が行われ、年間約20トンの水揚げがあります。シシャモというと、むかわ町が有名ですが、水揚げ量は同じくらいです。干物をあぶって食べるのも良いですが、シシャモ寿司もお勧めです。
秋の味覚「シシャモ」画像

冬の味覚「毛ガニ」

例年、1月から3月にかけて漁が行われ、年間約20トンの水揚げがあります。ズワイガニやタラバガニと比べると体は小さいですが、甘みがあり美味しく、カニミソが多いのが特徴です。
冬の味覚「毛ガニ」画像

通年物

  • カレイ~通年/230トン
  • タラ~通年/680トン
  • ホッケ~通年/180トン
  • タコ~通年/550トン
  • ツブ~通年/120トン
  • コンブ~7月から9月/1240トン

お問い合わせ

総務企画部 企画課 地方創生グループ
電話:0146-43-2111

地産地消

お気軽にお問い合わせください!

新ひだか町 総務企画部
企画課
地方創生グループ

電話0146-43-2111
内線281・282

受付
8:45~17:30
(土・日・祝 除く)

メールでのお問い合わせ
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る