サイト内共通メニューここまで

ここから本文

令和3年(2021年)11月 町長のずぼらな日記

更新日:2021年12月2日

町長のずぼらな日記(31)


 
こんにちは。町長の大野克之です。

 初めは、先月下旬に開催された二十間道路桜並木の枝拾いの話題です。天候にも恵まれ71人の参加者の方々と、エントランス広場から農業高校の交差点までの間を2時間くらいかけて清掃しました。ご参加してくれた皆さまと回収した枝の運搬・受け入れにご協力いただいた企業の方々に感謝します。
来年の桜まつり前にも枝拾いを予定していますので、都合のつく方はぜひ参加してみてください。終わった後は、きっと爽やかさを感じられます。

 次は、10月初めに道の駅みついしで行われた「みついしどっとこむ市」。肌寒い天候でしたが、参加しているメンバーは熱気むんむん。その中の一品で日高産ブリのフライが販売されていました。絶妙な塩味で味付けされていて串に刺さり手軽に食べられることから、お祭りなどで提供すると人気商品になるのではないかと思います。
 サケの水揚げ減少やコロナ禍での価格低迷、さらには赤潮被害など、漁業をめぐる現状は厳しいものがあります。ブリの串フライのような地産地消の取り組みを通じて応援することが大切ですね。

 最後に、我が家では、毎年、女房がサケのはさみ漬けと飯寿司を作ります。私は何もできませんが、一つだけ役に立つことがあります。それは、包丁研ぎです。
 包丁の研ぎ方は自己流ですが、結婚してすぐに砥石(といし)を購入しやり始めました。うまく研げたときは何とも言えないものがあり、一人で納得しています。先日の飯寿司作りの際には、新調した砥石が活躍していました。年末に食べるのが楽しみです。


 

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ


電話:0146-49-0269

サブメニューここまで

フッターメニューここまで