サイト内共通メニューここまで

ここから本文

新ひだか町子育て世代包括支援センター

更新日:2021年9月3日

妊娠期からのみなさんの相談場所「新ひだか町子育て世代包括支援センター」

町では、妊娠期から子育て期まで、切れ目なくサポートする総合相談窓口として、新ひだか町保健福祉センター内に「新ひだか町子育て世代包括支援センター」を開設しました。
妊娠、出産、子育て期は、悩みや困りごとのあれこれがいっぱい。
子育て世代のみなさんが安心して子育てできる地域づくりを目指して、保健師、歯科衛生士、栄養士などの専門職が関係機関と連携して、子育て世代のみなさんを総合的にサポートしていきます。
一人で悩まないで、ささいなことでも気軽にご相談ください。
相談は、子育て世代包括支援センター窓口や電話、メールなどでお受けします。

新ひだか町子育て世代包括支援センター」では、こんなサポートをします

 妊娠期

  • 母子手帳交付(妊娠届)時に、すべての妊婦さんを対象に保健師が面接を行います。
    妊娠中の過ごし方や妊娠・出産・子育てサービスの情報提供などを行う「子育て応援プラン」のご案内や作成を行います。妊婦さんの心配や困りごとに寄り添ったサービスを一緒に考えます。(三石庁舎で妊娠届を希望される方は、ご連絡ください。)
  • 不安や心配を抱えている妊婦さんには電話や来所相談、家庭訪問などを行います。
  • 初妊婦さんやパートナーの方を対象に「こんにちは赤ちゃん教室」を開催しています。
    助産師や公認心理師の講話や実技、先輩パパ・ママ・赤ちゃんとの交流、個別相談などがあります。赤ちゃん誕生がもっと楽しみに思えるようなアットホームな教室です。

出産後

  • 出産後1か月前後を目安に、すべての産婦さんと赤ちゃんを対象に、保健師が「赤ちゃん訪問」を行います。産婦さんの体調や赤ちゃんの発育・発達の確認、予防接種や健診などのご案内、子育ての相談などに応じています。
  • 産後の身体や心の回復に不安がある方や子育てに不安のある方を対象に、町立静内病院助産師外来で「産後ケア事業」を行います。産婦さんの乳房マッサージ、産後の心と身体の相談、授乳や子育ての相談などに応じています。

子育て期

  • 乳幼児健診ではお子さんの成長・発達を確認し、お子さんに合わせた子育ての方法を一緒に考えます。医師、保健師、歯科衛生士、栄養士のほかに、月齢により保育士や公認心理師など専門職による相談があります。
  • 「子育ての相談」は随時、行います。電話予約をされるとスムーズです。
    お子さんの身体計測、授乳や離乳食・歯のこと、子育てのイライラや不安など、気軽にご相談ください。
  • 集団生活や家庭での困りごとがある方に、安心して子育てができるようにアドバイスやサポートを行います。必要に応じて、関係機関と連携しながら、利用できる機関やサービスなどをご案内します。

妊娠・出産に関する手続き

こちらから妊娠・出産に役立つ情報がご覧になれます。(妊娠・出産に関する手続き)

開設場所

新ひだか町保健福祉センター内(新ひだか町静内緑町4丁目5番1号)
電話:0146-42-1287
E-mail:hokensidou@town.shinhidaka.lg.jp

開設時間

平日(月曜日~金曜日) 8時45分~17時30分
メールは24時間受付できますが、返信は平日8時45分~17時30分の間に行います。
子育て世代包括支援センターのポスター

お問い合わせ

保健福祉部 健康推進課 保健指導グループ


電話:0146-42-1287

サブメニューここまで

フッターメニューここまで