サイト内共通メニューここまで

ここから本文

令和2年度 新型コロナウイルス感染症に係る介護職員向け研修会

更新日:2021年3月17日

介護施設への入所や介護サービスを利用している高齢者は、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすく、クラスター化する危険性も高いため、そこで働く介護職員に向けて新型コロナウイルス感染症の基礎知識の習得及び集団感染予防を図ることを目的として、静内保健所と静内保健所管内(新ひだか町・新冠町・日高町・平取町の4町)の在宅医療・介護連携推進委員会と協同で研修会を開催いたしました。
出席については新型コロナウイルス感染の予防として、各事業所より1名のみとし、研修中も換気の時間を設け実施いたしました。
いつ、どこで新型コロナウイルスに感染するのかと不安を抱えながら業務をされていることもあり、出席された方々は行政説明・講演を最後まで真剣に受け止めながら聴かれ、質疑でも活発な質問や意見交換が行われていました。

実施日時

令和2年(2020年)11月19日 木曜日 13時25分~15時30分
  • 13時30分~14時00分
    行政説明「保健所におけるクラスター対応について」
    説明者 静内保健所健康推進課保健師 富山 愛香 氏
  • 14時00分~15時00分
    講演「新型コロナウイルス感染症の対策について」
    講師 浦河赤十字病院 感染管理認定看護師 大澤 忠 氏
  • 15時05分~15時30分
    質疑応答

会場

新ひだか町公民館1階大会議室

出席者

静内保健所管内 介護保険事業所職員 各事業所1名のみ 合計41名

研修会の様子

座席に座り、熱心に説明を聞く出席者たちの写真
ステージのスクリーンに資料を映しながら説明している写真
スクリーンに資料を映し、説明する講師の写真

お問い合わせ

町立静内病院 地域連携室
電話:0146-42-0181(内線132)

サブメニューここまで

フッターメニューここまで