ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  町長室 >  令和2年8月 町長のずぼらな日記

令和2年8月 町長のずぼらな日記

町長のずぼらな日記(18)

こんにちは。町長の大野克之です。

 
今回は、私の愛車遍歴をご紹介します。
私が運転免許を取得したのは、昭和52年4月。当時は、車の免許を取得することは必須のような世の中で、高校3年生の卒業式前後の休みを利用して教習所に通いました。

1台目は「トヨタカローラ4ドアDX(昭和44年式)」
※親父からの譲り受け

 
2台目は「トヨタスプリンタークーペ(昭和53年式)」
※親の援助もあり新車購入

 
3台目は「トヨタマークⅡグランデ(昭和56年式)」
※親父が亡くなり相続。この時期は一時バイクも所有

 
4台目は「トヨタマークⅡGTツインターボ(昭和63年式)」
※親父の七回忌を済ませ新車購入。17年乗ってエンジン故障

 
5台目は「日産ステージア(平成16年式)」
※現在の愛車
 

この5台の車には、いろいろな思い出があります。特に、4台目の車では、家族4人で北海道1周に出かけたこともあります。どこに宿泊するかも決めず、行った先々で適当に宿を探す、今考えると本当にいい加減な旅でした。この車は、手放す日の朝、洗車をしてお渡ししました。
 

今乗っている車は、ちょうど犬を飼い始めたときで、ステーションワゴンがいいかなぁと思い決めました。この車は、冬道に強く、とても気に入っていますが、買ってから16年が経過し、走行距離も19万キロを超え不具合が出てきたので、そろそろ次の車を考えなければならない時期がきました。

 
車は結構長く乗るんで、今度の車が最後になるのでしょうかねぇ。

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ
電話:0146-49-0269

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー