ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  健康・福祉 >  新型コロナウイルス関連 >  生活支援に関すること >  ひとり親世帯臨時特別給付金のお知らせ

ひとり親世帯臨時特別給付金のお知らせ

目的

子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯については、子育てに対する負担の増加や収入の減少などにより特に大きな困難が心身等に生じていることを踏まえ、こうした世帯を支援するため、臨時特別給付金を支給します。

支給対象者

1.児童扶養手当受給世帯等への基本給付

児童扶養手当の受給資格を持つ方で、給付ごとの要件を満たす方に支給します。
  
ア.令和2年6月分の児童扶養手当の支給を受けている方

イ.公的年金給付等を受給していることにより、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方
(1)公的年金給付等とは遺族年金、障がい年金、老齢年金、労災年金、遺族補償等が当てはまります。
(2) 既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額または一部停止されたと推測される方も対象となります。
(3) 公的年金給付等を受給していても、本人または扶養義務者の平成30年分の収入が児童扶養手当に係る支給制限限度額を上回る場合はイの要件では支給対象となりません。

ウ.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方で、児童扶養手当の認定条件を満たしている方(生活保護を受給している方は対象となりません)
(1) イ・ウは、同様の状況で児童扶養手当の申請をしていない方を含みます。

2.収入が減少した児童扶養手当受給世帯等への追加給付

上記ア・イの支給対象者のうち、新型コロナウィルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方(生活保護を受給している方は対象となりません)
(1) 児童扶養手当法に定める「養育者(児童の父又は母ではない方)」の方も、上記1基本給付・2追加給付にそれぞれ当てはまる場合は支給対象となります。

給付金額

1.基本給付
  1世帯:5万円
  第2子以降ひとりにつき:3万円加算
  
2.追加給付
  1世帯:5万円

支給開始時期・申請手続等について

1.支給対象者1-アに該当する方

基本給付は申請不要です

令和2年8月28日(金曜日)に基本給付を支給しております。(令和2年6月分の児童扶養手当と同じ口座にお振込みしております。)


追加給付は申請が必要です

追加給付の申請手続きに関しては、児童扶養手当の現況届受付時にご案内しております。

2.支給対象者1-イ・ウに該当する方


児童扶養手当の認定を受けている方に関しては、現況届受付時にご案内いたします。

児童扶養手当の認定を受けておらず、臨時給付金の対象となる方については下記のお問い合わせ先までご相談ください。

詐欺に御注意ください

「ひとり親世帯臨時特別給付金」に関する振り込め詐欺や個人情報の詐欺に御注意ください。
自宅や職場などに新ひだか町福祉課から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。
もし、不審な電話がかかってきた場合はすぐに新ひだか町福祉課または最寄りの警察に御連絡ください。


・本給付金の事業主体は北海道になります。下記リンクもご参照ください。

お問い合わせ

保健福祉部 福祉課 こども未来グループ
電話:0146-49-0288

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー