ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  町長室 >  令和2年7月 町長のずぼらな日記

令和2年7月 町長のずぼらな日記

町長のずぼらな日記(17)

こんにちは。町長の大野克之です。


実は・・・・・・「帯状疱疹」にかかってしまいました。今月初めのある日のことですが、お昼ご飯を食べに自宅に戻った際、脇の下が何となく痛いので鏡で見てみると赤くなっているのを見つけました。女房に見せると「それは帯状疱疹だ。すぐに病院に行きなさい!」と言われ、病院に行くほどのものではないんではと思いつつも、女房の勢いに負けて病院を受診しました。結果、先生の診断も「帯状疱疹」。抗ウイルス薬と痛み止め、塗り薬が処方されました。


早めに受診したおかげで、それほど重症ではなかったと思いますが、痛み止めを飲んでいても結構痛みが激しく、寝ていても目が覚めることが多々ありました。今は、湿疹は治まり、痛みもだいぶ良くなってきましたが、まだ痛み止めは飲んでいます。


帯状疱疹は、年齢を重ね免疫力が低下することで発症する割合が高くなるようです。ご心配の方は、ワクチンもあるようですので、ご一考を。

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ
電話:0146-49-0269

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー