ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  町長室 >  令和2年5月 町長のずぼらな日記

令和2年5月 町長のずぼらな日記

町長のずぼらな日記(15)


 こんにちは。町長の大野克之です。

 
 今年のさくら祭りは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため中止としました。百年以上の歴史を持つ二十間道路のさくら並木を町外の多くの方々に見ていただきたかったのに本当に残念です。


 祭りの中止に当たり、道路封鎖をすべきだとの声も聴きましたが、私は交通封鎖をすることにより、町民の皆さんのさくらを見る機会をも奪うことになると考え、封鎖はしないこととしました。もちろん、状況によっては、いつでも封鎖することができるように準備はしていましたが…。町民の皆さんには、これからも愛着を持っていただきたいと思います。その思いは、きっと町外の人たちにも通じるものと信じています。


 国内で新型コロナウイルス感染症が発生してから、4か月が経過しました。日々、これまで経験したことのないような状況が続いています。


 そんな中、営業自粛の影響下にある飲食店が、医療関係者や学童保育の子どもたちにお弁当を差し入れたり、手作りマスクを無料配布する取り組みなどが国内各所で行われています。我が町においても、マスクや消毒液の提供を多くの方からいただいています。中には、名乗らずに介護施設に消毒液を届けてくださった方もいます。


 その一方で、インターネットなどでは、さまざまな誹謗中傷を目にします。中には相手の人格を否定するようなものもあります。このような状況下にある今この時こそ、人と人とのつながり、支え合いが大切です。


 まだしばらくの間は、新型コロナウイルス感染症と付き合わざるを得ません。皆さんには、自分自身ができる予防措置を引き続きよろしくお願いします。

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ
電話:0146-49-0269

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー