ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  町長室 >  令和2年3月 町長のずぼらな日記

令和2年3月 町長のずぼらな日記

町長のずぼらな日記(12)


こんにちは。町長の大野克之です。
 
このずぼらな日記も昨年4月から月1回のペースで書き始め、さぼることもなく今回で1年を迎えました。この日記の原稿は、毎月15日前後が締め切りとなっていますが、毎回、広報担当から何日までにくださいと言われています。このひと言が無ければ、本当にずぼらな日記になっていたのではと思っています。広報担当に感謝ですね。
 
日記を書くに当たって、一つだけ心掛けていることがあります。それは、仕事上の個別課題について具体的に書かないことです。どうしても仕事のことを取り上げると内容が硬く、かつ、重くなり、本当の自分でないような感じがするからです。これからも日常の話題が多くなるかもしれませんが、お付き合いください。

さて、新型コロナウイルス。数か月前に中国で発生し、あっという間に世界中に感染が拡大しています。有効な薬がない中で皆さんは不安を持っていることでしょう。感染を予防し、早期に収束させようとさまざまな対策が取られ、日々の生活も大きく変化しています。人の動きが制限されることにより消費が落ち込み、その影響は全業種に及びます。我が町においても既に影響が出ています。

国は、資金繰りや雇用面をはじめとした各種対策を打ち出していますが、何よりも今の状況を長引かせず、早期に終息させることが一番大切ですので、感染しないように注意しながら行動しましょう。誰かのせいにしても解決する問題ではなく、一人ひとりが今できること、すべきことをしっかりやることが重要です。今しばらく頑張りましょう。

追伸:先月号で紹介した仔犬が無事に産まれました。母犬は一生懸命世話をしています。

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ
電話:0146-49-0269

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー