ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  町長室 >  令和2年1月 町長のずぼらな日記

令和2年1月 町長のずぼらな日記

町長のずぼらな日記(10)

 こんにちは。町長の大野克之です。

 皆さん、お正月はどう過ごされましたか。比較的穏やかな天気が続き、令和2年は何となく静かな船出のように感じませんでしたか?
 先日、成人式が行われ170人を超える若者が出席してくださいました。大勢の親御さんが見守る中、新成人を代表して小野楓馬さんが決意表明してくれました。彼は、幼いころからの夢であった騎手になり、現在、ホッカイドウ競馬で活躍しています。決意の中で、両親をはじめ、これまでお世話になった方に感謝の言葉を述べていましたが、私は、その言葉の裏には、これからは自分の責任において自分で生活を築いていくんだという、非常に強い意志を感じました。
 仕事は、どのような仕事でも必ず誰かのためになっているものです。若いうちは、無理に高尚なことを考えず、時には自分が生きていくためにという単純な考えで一生懸命仕事に向かってもいいのではないかと思います。その仕事の成果は、結果として誰かの役に立ち、感謝されることになるんだと思います。
 若い人たちには、褒められることや感謝されることを過度に期待せず、自分の生活をしっかりと守り自立した上で、世のため人のためになることをチャレンジしてくれればいいなぁ~と思っています。
 こんなことを考えるということは、私も確実に年を取ってきたということですね(笑)

 今年一年、災害のない平穏な年となることを祈っています。

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ
電話:0146-49-0269

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー