ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  町長室 >  令和元年6月 町長のずぼらな日記

令和元年6月 町長のずぼらな日記

町長のずぼらな日記(3)


 こんにちは。町長の大野克之です。

 最近、目を覆いたくなるようなニュースが多いと思いませんか?
 
 相次ぐ児童虐待や川崎で起きた無差別殺傷事件、また、家庭内暴力から息子を刺殺、さらには、高齢の方が車の運転操作を誤るなどして重大な事故を起こしてしまうなど・・・。挙げればきりがなく、世の中どうしてしまったのかと思います。
 
 特に、子どもの虐待に関する報道に関しては、新聞記事は極力見ないように、また、テレビ報道はチャンネルを変えたり音量をゼロにしてしまいます。力が弱く、抵抗することもままならない子どもたちが犠牲になる事件は強い憤りを感じ、同時に心が痛みます。
 
 少なくともわが町からは、このような事件が起きないようそれぞれの立場でご尽力いただければと願うところです。

 もう本州では梅雨入りした地域もあります。ここ新ひだか町は、夏は涼しく冬は雪が少ないことは皆さまにお話しするまでもありませんが、もう一つ素晴らしいことを発見しました。それは「シラカバ花粉が少ない」ということです。

 実は、花粉症が悪化したときのために、先日、耳鼻科に行って点鼻薬とかゆみ止めの目薬をいただいてきました。その際、先生が「ここの町はシラカバ花粉が少ないんだよ」とおっしゃっていましたが、実際、花粉症は軽症でした。今思えば、昨年の春は忙しくて、花粉症を気にする暇もなかったのかもしれませんね。2年目で少し余裕が出てきたのかな(笑)。。

お問い合わせ

総務部 企画課 広報広聴・統計グループ
電話:0146-49-0269

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー