ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  くらし・手続き >  上下水道 >  いつもより水道使用量が多いと感じたら・・・

いつもより水道使用量が多いと感じたら・・・

 毎月、定期的に行われているメーター検針の結果、前回の検針結果より心当たりがないのに使用水量が増大している場合は、水道メーターより建物側で漏水している可能性があります。
 漏水かどうかは、建物の外に設置されている水道メーター隔測表示器を見ることで確認をすることができます。

漏水の確認方法

1.室内外の蛇口が完全に閉まっていて、水道が使用されていないことを確認してください。
2.建物の外に設置されている隔測表示器(図1)を見て、次のような点を確認してください。

図1:隔測表示器の種類


・表示画面(図2)に漏水を示すマークが表示されていないか。
・水を使っていないのに表示器の数値やパイロットランプが動いていないか。

図2:表示画面(赤丸の部分が漏水マーク、青丸の部分がパイロットランプ)


3.上記を確認した結果
・漏水マークのみ点灯している。
 過去に長時間、一定量以上の水が流れ続けた可能性があります。現在は漏水していないようですの  で次回検針まで様子を見てください。
・パイロットランプや数値が動いている。
 漏水している可能性があります。修繕を検討してください。
・漏水マークが点灯し、パイロットランプや数値が動いている。
 漏水している可能性があります。修繕を検討してください。

漏水の可能性が高い場合は

漏水と判断し、修繕を行う場合は町指定の「給水装置工事事業者」での修繕を検討してください。
「給水装置工事事業者」で修繕をした場合のみ、漏水により増大した使用水量を減額できる場合があります。
 

使用水量が増加する要因

漏水はしていないが使用水量が増加した場合は次のような要因が考えられます。
・大量の水を使う用事があった。
・蛇口を閉め忘れ、水を出しっぱなしにした。
・家族(居住者)が増えた。
・ボイラー、電気温水器等の給水装置を設置又は増設した。
・庭や畑に散水した。
・風呂やシャワー、洗濯の頻度が多くなった。
・水洗トイレのタンクレバーの戻りが遅い。
・水抜栓の操作を行った。(開閉栓の操作が不完全、または消耗部分の劣化等により漏水が発生)

 

お問い合わせ

経済部 上下水道課
電話:0146-43-2111

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー