ここからメインメニュー

  • くらし・手続き
  • 健康・福祉
  • 教育・文化・スポーツ
  • 観光・産業
  • 行政情報

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

現在のページ ホーム >  行政情報 >  地方創生 >  馬力本願プロジェクト >  馬力本願プロジェクト 第3回・住民ワークショップが行われました。

馬力本願プロジェクト 第3回・住民ワークショップが行われました。

 第3回目となる「馬力本願プロジェクト住民ワークショップ」を10月24日(月曜日)に新ひだか町公民館で開催しました。

 今回は、これまでの会議の中でメンバーの皆さんから出されたアイデア等の中から、今後数年の間のうちに形にする(実行する)事業をいくつか選び出し、5W2Hの視点(事業名、目的、主体、時期、場所、手法、財源)で事業化に向けた基本事項を整理しました。
 
【Aグループ・子どもたちへの馬文化の伝承】では、「お馬の教室」、「競走馬命名事業」、「馬を学べる副読本の作成」、「馬イベントの開催」の4事業、
 
【Bグループ・おもてなし環境基盤の整備】では、「車両通行止めを軸にした新・桜まつり」、「オリジナル商品・オリジナルサービスの開発」の2事業、
 
【Cグループ・移住定住の促進】では、「移住サポート体制の構築(移住コンシェルジュ・移住者カフェ)」、「移住のきっかけ作り(地域体験メニュー、地域体験ツアー、修学旅行等の受入れ)」の2事業
 
を当面取り組んでいく基本事業と位置付け、これらの実現に向けた基本的な考え方やスタンスなどについて意見等を出し合いました。

 どのグループも、掲げた事業の実現が容易ではないことを認識しながらも、町の将来にとって必要な取組みであること、また、行政(役場)頼みや補助金(税金)依存のやり方では効果的・継続的な事業展開が難しいことなどを確認し合いながら、地域全体で取り組んでいく決意を新たにしました。
 今後はさらに事業化に向けた具体的な部分の協議・検討を行いながら、実現可能な事業プランを創り上げていきたいと考えています。
 次回・第4回目の住民ワークショップは、11月28日(月曜日)の18時から、新ひだか町公民館(2階大集会室)にて開催します。途中からのご参加や見学等も歓迎しますので、希望される方は、役場地方創生推進室(電話:43-2111、内線226、担当:尾山)までご連絡ください。

参考資料

会議風景

◎Aグループの皆さん
馬力本願プロジェクト住民ワークショップの様子の画像
◎Bグループの皆さん
馬力本願プロジェクト住民ワークショップの様子の画像
◎Cグループの皆さん
馬力本願プロジェクト住民ワークショップの様子の画像
◎会場全体の様子
馬力本願プロジェクト住民ワークショップの様子の画像
  
Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしAdobe Readerをインストールの上ご参照ください。

お問い合わせ

総務企画部 企画課
電話:0146-43-2111

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー