サイト内共通メニューここまで

ここから本文

みついし昆布

更新日:2021年4月2日

伝統の全国ブランド「日高昆布」
新ひだか町の浜っ子たちの心の原風景となっているのが、浜辺いっぱいに敷き詰められた日高昆布の天日干し。100年以上も変わらず受け継がれてきた製法は、今もしっかりと極上の品質を守り続けています。
かつて北海道産の昆布は、松前地方のものが主でしたが、やがて日高沿岸一帯にも生産が広がり、標準和名「ミツイシコンブ」、通称「日高昆布」はまちの特産品となりました。
日高昆布は早朝、浜辺に敷き詰められ、たっぷりと太陽の光を浴びます。砂利浜の小石の空間は、ほどよい通気をもたらし乾燥を促すと共に、浜風によりじっくりと昆布にうまみが凝縮されていきます。独特の風味は、この天日干しでしか出せないもの。高品質の伝統は、まさに浜の宝となっています。
日高昆布ブランドは、その品質の高さから全国的にも知名度を得ており、関東・関西の料亭や専門店に広く出荷されています。
日高昆布の画像
昆布干し作業風景の画像
昆布漁の画像
日高昆布製品集合画像

三石昆布のキャラクター「コンブマンとこぶねちゃん」

コンブマンのイラスト画像
コンブマン
こぶねちゃんのイラスト画像
こぶねちゃん

お問い合わせ

総務部 まちづくり推進課 地域活性化・観光グループ


電話:0146-49-0294

サブメニューここまで

フッターメニューここまで