サイト内共通メニューここまで

ここから本文

野生鳥獣の赤ちゃんを拾わないで!

更新日:2021年3月2日

野生鳥獣の赤ちゃんの近くには親がいます

  • 餌を探しに行っているのかもしれません。近くに姿が見えなくても、親は必ず赤ちゃんのもとへ戻ってきます。親は人間がいると赤ちゃんに近寄れません。すぐに、静かにその場を離れましょう。
  • 野生鳥獣の赤ちゃんの保護のほとんどは、人間が間違って連れてきてしまった「誘拐」です。

野生鳥獣の赤ちゃんに近づくと危険な場合があります

  • 赤ちゃんに近づくと、親が赤ちゃんを助けようとして攻撃をしてくることがあります。
  • 特に子グマに近づくと、母グマが子グマを守ろうと襲ってきます。絶対、子グマに近づいてはいけません。

野生鳥獣の赤ちゃんは育てられません

  • 赤ちゃんは、親から餌の取り方や危険な行為の判断など、自然界で生きていく方法を学んでいます。
  • 人間が親代わりになることは難しく、成長した後、野生に戻すことは困難です。
  • また、狩猟で捕獲したものを除き、野生鳥獣を無登録で飼育することは、法律で禁じられています。
北海道では、傷病鳥獣の適正な保護収容を進めるため、(公社)北海道獣医師会や動物園などと連携しながら『傷病鳥獣保護ネットワーク』を展開していますが、持ち込まれる野生鳥獣の中には、本来保護されるべきではない鳥類の卵やヒナ、幼獣が見られます。
野生鳥獣の出産・子育ての時期は特に、誤って保護しないように気を付けて下さい。

お問い合わせ

産業建設部 水産林務課 林務グループ


日高振興局地域政策部環境生活課自然環境係
電話:0146‐22‐2211

サブメニューここまで

フッターメニューここまで